AX

2007年09月27日

社会保険庁とは?

社会保険庁とは?

社会保険庁
 厚生労働省の外局として置かれている社会保険庁は、政府管掌健康保険、船員保険、厚生年金保険及び国民年金の各事業の運営実施の実務を担当しています。
 社会保険庁の組織は、本庁組織に総務部と運営部があるほか、施設等機関として、職員の研修機関である社会保険大学校、年金業務の中心となる社会保険業務センター、また、地方支分部局として各都道府県単位に地方社会保険事務局(47カ所)、その出先機関として全国に社会保険事務所(265カ所)が置かれています。


【内容】
入門書よりやさしい社会保険の本。読めば、実務書も解説書もすらすら読めるし、医療・介護・年金保険へのカシコイ対応もできるようになります。しくみと基礎知識がQ&Aで早わかり。
【目次】
1章 社会保険の役割と制度のしくみ(人生のリスクと社会保険/社会保険のあらまし)/2章 医療保険のしくみと基礎知識(増えつづける医療費を医療保険でまかなえるの?/医療保険制度の目的は? ほか)/3章 介護保険のしくみと基礎知識(介護保険制度はなぜ創設されたの?/介護保険には、どんな人が加入するの? ほか)/4章 年金保険のしくみと基礎知識(自分が加入している年金の種類は?/公的年金制度のしくみはどうなっている? ほか)/5章 労災保険・雇用保険のしくみと基礎知識(労災保険の補償はどうなっているの?/労災保険の補償にはどんなものがある? ほか)





【関連リンク】
社会保険事務所職員だけど、質問ある?A
タグ:社会保険庁
posted by ssmakoto at 02:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

社会保険料とは?

社会保険料とは?

社会保険料とは、社会保険で加入者が支払う保険料のこと。

厚生年金、共済年金、国民年金、健康保険、国民健康保険など、公的保険のことを社会保険、その保険料のことを社会保険料という。社会保険料は値上がりする方向にあり、厚生年金保険料は、2004年4月現在13.58%であるものを、毎年0.354%ずつ引き上げ、2017年以降は18.3%で固定する予定。国民年金については、2004年度に1万3300円であるものを、2005年4月から毎年280円ずつ引き上げ、2017年以降は1万6900円で固定する予定になっている。

   

【著者】田中章二(タナカショウジ)
年金評論家、年金研究家、DCインストラクター。1948年東京に生まれる。1974年田中社会保険労務士事務所を開設。全国の都銀、地銀、第二地銀、信用金庫、信用組合、県信連、生命保険会社などで、年金相談、確定拠出年金の導入指導、研修ならびに講演の講師として活躍中。現在、東京都社会保険労務士会年金指導員、年金スクールアカデミー校長。年金検定創設者となる。ラジオ「年金なんでも相談」を三局で放送中。週刊誌、月刊誌などで年金関係掲載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ssmakoto at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険証の種類

保険証の種類

通常の保険証
(1)国民健康保険被保険者証(水色)
  保険証は、1世帯に1枚が基本です。
  ただし、次のように別の保険証が交付される場合があります。
  学、遠マークのついた保険証
   修学や長期出張などで家族と離れてすむときに、もう1枚交付されます。
  退マークのついた保険証(国民健康保険退職被保険者証…ピンク色)
   家族の中に退職者の医療制度に該当する人がいる場合、自己負担の割合が世帯の中で違ってくるので、もう1枚交付されます。

(2)短期被保険者証(通常の保険証と同じ色)
  特別な理由もなく保険料(税)を納期限までに納めないでいるときに交付されることがあります。
これは有効期限が通常より短い保険証で、期限切れごとに窓口にて新しい保険証の交付をうけることになり、あわせて保険料(税)の納付が求められます。

(3)被保険者資格証明書(黄色)
  納期限から1年間経過しても保険料(税)の滞納を続けていると、保険証を返還して、そのかわりに交付されます。
保険証のような効力はなく、単に国保の被保険者であることを証明するだけのものですので、お医者さんにかかった場合、医療費はいったん全額を支払うことになり、後日市町村の国保窓口に申請して、7割(または8・9割)の払い戻しを受けることになります。
なお、保険料(税)の完納が認められれば、通常の保険証が交付されます。

   

【内容】
他の市町村に転出すれば、滞納分は白紙に。保険料を4割払えば、保険証は交付される。無申告者はゼロとして保険料が決定される。滞納がどれだけ多くても、保険証は交付される…。国民健康保険の不公平な運営と「お役所」の怠慢。

【目次】
第1章 国民健康保険という制度/第2章 国民健康保険―その呆れた実態/第3章 運営はお役所の「秘密」/第4章 保険料徴収員たちの晴れない日常/第5章 国民健康保険―ひとつの提言/第6章 公開・全市の国民健康保険料「格差の実態」

【著者】
松谷宏(マツヤヒロシ)
1927年山形県生まれ。旧制商業学校卒業後、山形、横浜、浜松にて20年間会社経営。’65年よりレストラン開業、’86年体調を崩し閉店。回復後の’88年より、千葉市国民健康保健料徴収員として勤務。2000年3月退職。現在、東京管理職ユニオンでボランティアとして支援活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
タグ:保険証
posted by ssmakoto at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

社会保険庁とは?

社会保険庁とは?

   


厚生労働省の外局として置かれ、政府管掌健康保険、船員保険、厚生年金保険及び国民年金の各事業の運営実施の実務を担当する。地方支分部局として各都道府県単位に地方社会保険事務局(47カ所)、その出先機関として全国に社会保険事務所(265カ所)が置かれている。
タグ:社会保険庁
posted by ssmakoto at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

保険とは?

保険とは?

googleで調べてみました。

社団法人 日本損害保険代理業協会(日本代協)

保険とは
「一人の災難を大勢が分かち、わずかの金を捨てて大難を逃れる制度」 (福沢諭吉)
「万人は一人のために、一人は万人のために」 (マーネス)

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。


タグ:保険
posted by ssmakoto at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。