AX

2007年05月19日

社会保険料とは?

社会保険料とは?

社会保険料とは、社会保険で加入者が支払う保険料のこと。

厚生年金、共済年金、国民年金、健康保険、国民健康保険など、公的保険のことを社会保険、その保険料のことを社会保険料という。社会保険料は値上がりする方向にあり、厚生年金保険料は、2004年4月現在13.58%であるものを、毎年0.354%ずつ引き上げ、2017年以降は18.3%で固定する予定。国民年金については、2004年度に1万3300円であるものを、2005年4月から毎年280円ずつ引き上げ、2017年以降は1万6900円で固定する予定になっている。

   

【著者】田中章二(タナカショウジ)
年金評論家、年金研究家、DCインストラクター。1948年東京に生まれる。1974年田中社会保険労務士事務所を開設。全国の都銀、地銀、第二地銀、信用金庫、信用組合、県信連、生命保険会社などで、年金相談、確定拠出年金の導入指導、研修ならびに講演の講師として活躍中。現在、東京都社会保険労務士会年金指導員、年金スクールアカデミー校長。年金検定創設者となる。ラジオ「年金なんでも相談」を三局で放送中。週刊誌、月刊誌などで年金関係掲載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ssmakoto at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。